自慢の料理人

ブログをご覧の皆様、こんにちは!

 

少し天気が悪い本日の午前中でしたが

 

皆様、夏バテなどは大丈夫でしょうか

 

本日は土用の丑ということで

 

和食うお健でも「鰻」を販売しておりますので

 

ぜひとも来ていただいて、鰻を食べて

 

夏を乗り切っていただきたいと思います。

 

さて、先週のブログでも書きましたが

 

写真撮りが終わって、カメラマンさんから

 

画像が届きました。

 

いや〜かっこいいですね(笑)

 

特に3店の料理人の写真が気に入ったので

 

紹介したいと思います。

 

中華の料理長「鈴尾 光生」

 

個性豊かな料理長で

 

歴史ある八仙楼の味を10年にわたって

 

守り続ける炎の料理人

 

何十人もの料理を鍋一つで振る姿は

 

私もうっとりするくらいで

 

非常にかっこよく美味しいあっさりした中華を

 

作っていきます。

 

よくホールにも出ておりますので

 

お気軽にお声かけください。

 

きっと面白いギャグを披露してくれると思います。

 

この人の頭の回転の速さに

 

私もいつも脱帽です(笑)

 

和食の料理長「大 宗男」

 

20代のころ伝統あるうお健の2番手として

 

活躍したのち、某有名ホテルを経て

 

9年ぶりにうお健に料理長として復帰

 

寡黙に仕事する姿はかっこよく

 

上品な味わいの中にこの地元にも好まれる

 

数々の逸品を作り出す炎の料理人

 

見かけた際はお声掛けしていただくと

 

強面な顔とは裏腹におちゃめな笑顔を見せてくれると思います。

 

ジョイブルの店長「熊代 大輔」

 

鉄板の前で素晴らしいパフォーマンスを見せる

 

炎の料理人

 

お肉に対する造詣はもちろんのこと

 

泉州の地野菜をこよなく愛する男であります。

 

またカウンター商売なので、お客さんからの信頼も絶大です。

 

ただ若干私と似てるといわれることが多く

 

それを言われるとすごく嫌な顔をするので

 

来ていただいても、それだけは口にしないでください(笑)

 

以上、本日はかっこつけて

 

弊社自慢の3人の料理長をご紹介させていただきました〜

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

#by うお健ごちそう村 | 2017-07-25
この記事にコメントする

■名前

■コメント

 

 

<< December 2019 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

以前の記事